<伏見稲荷>恒例「初午大祭」…家内安全、商売繁盛を祈願(毎日新聞)

 全国のお稲荷さんの総本宮、伏見稲荷大社(京都市伏見区)で1日、「福参り」の名で知られる恒例の「初午(はつうま)大祭」が営まれた。711(和銅4)年の初午の日に稲荷大神が稲荷山に鎮座したことにちなむ祭り。社殿には杉とシイの枝で作った青山(おおやま)飾りが施され、朝早くから多くの参拝客が家内安全や商売繁盛を祈った。

 また、稲荷山中腹にある1907年建立の「毎日稲荷社」「広告(ひろつげ)稲荷社」でも初午祭があり、伊藤芳明・毎日新聞社常務取締役大阪本社代表や秋山文一・高速オフセット社長らが参拝。祝詞の後、高光章之・京都毎日会会長らが玉ぐしを奉納した。【成田有佳】

【関連ニュース】
伏見稲荷:さい銭開き 集計5日がかり
京都・読書之森:戦争のなかの京都 /京都

雑記帳 高橋尚子さん、北海道で野菜づくり(毎日新聞)
容体急変患者からインスリン=故意に投与の可能性も−京大病院(時事通信)
午前9〜10時に殺害か=同居の男、電器店に立ち寄る−鳥取不審死(時事通信)
日暮里舎人ライナーが運転再開(産経新聞)
貴乃花親方当選 「角界フレッシュに」(産経新聞)
[PR]
by rd2difyzdr | 2010-02-04 15:03